ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供たちの自殺
2006年11月13日 (月) | 編集 |
最近毎日のように報道されているいじめを苦にした子供たちの自殺。
そのニュースが流れるたびにやりきれない思いでいっぱいになってしまいます。
誰も救いの手を差し伸べてあげることはできなかったのでしょうか。
それとも救いの手に気付くこともできなくなるほど悩んでいたのでしょうか。

死を選ぶほどなのだから、きっとそうなのでしょう。
本当に悩んで悩んで悩みぬいた結果なのよね。


このことについて私が思うことはいっぱいあるのだけれど・・・
「これだけは絶対に守ろう」と誓いたいことがあります。
子供の小さな変化にも気付くことのできる親でありたいと思います。
生きていく世界が学校の中だけではないことを教えたいと思います。
生命の大切さ、そして死についてじっくりと語り合いたいと思います。



テレビで自殺のニュースを見たゆうまの言葉。
「なんで死ぬんだろうね・・・?」
「いじめってどうやるの?いっつも戦いごっこをやってるけれどさぁ・・・」


小学2年生のゆうまたちの世界では、まだ「いじめ」というものは起こっていないようです。
きっと今ならまだ間に合うはず。
ただ一方的に話して聞かせるのではなく、自分だったらどう思うか、どうするのか、ひとつひとつ色んなことを一緒に考えて行きたいと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
ななみっち、と申します。最近の悲しいニュースに胸を痛めている1人です。先日テレビで、「自殺の何がいけないの?誰にも迷惑かけてないんだからいいじゃない」「5日ぐらいなら生き返ることもあると思う」と堂々と語る小学生を見ました。ショックでした。「死」の意味を理解していないことに。そもそも、迷惑をかけない自殺なんてない。…実は、私の幼なじみは自殺しています。なぜ、変化に気付かなかったのか、声をかけなかったのか…10年以上経っても、私の気持ちの中からは消えません。本人も辛いけど、遺される者も辛いことを知って欲しいです。
2006/11/14(Tue) 12:43 | URL  | ななみっち #qBpKbO02[ 編集]
コメントありがとうございます。
ななみっちさん、今晩は。
「死」の意味・・・たぶんうちの子達も理解できていないと思います。正しく理解させることはとても難しいだろうけれど、それが親としての責任だと思います。
特に「いじめ」については学校(先生)に責任がある、という風になりがちだけれど、責任の押し付け合いをしても何も解決しないですよね。
遺される者の立場・・・子供が想像できるかわからないけれど、そういうことも話し合っていきたいと思いました。コメントありがとうございました。
2006/11/14(Tue) 23:40 | URL  | ちえぞう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。