ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディープインパクトの引退
2006年10月12日 (木) | 編集 |
昨日から今日にかけていろんなところで話題になっていたから、いまさら私なんぞが語っても仕方が無いってことは重々承知しています。でも、やっぱり語っておかなくちゃね。

ディープインパクトの突然の引退決定、とても残念です。
凱旋門賞が終わったとき、「無事に帰ってきて」って書いたのは“仕切り直して来年はリベンジだ!”って思ったからだったのに。

ディープがいつかは種牡馬になることは分かっていたけれど、少なくともあと1年は走っている姿を見ることができると思っていたから。でも、もうリベンジのチャンスはないのね。

女の子の競走馬が引退して、お母さんになるために牧場に帰って行くときには「良い子をいっぱい産むんだよ~」って、ごく自然に見送る気持ちになれるのに、男の子が種牡馬になるために引退するときにはなんだかモヤモヤした気持ちになってしまうのは、その引退の陰でビジネス(お金)の匂いがぷんぷんしているからなのでしょうね。
私みたいに“馬が走っている姿がとても綺麗で素敵”“一生懸命走っている姿に感動して応援したくなる”そんな単純な気持ちで競馬が好きなのに、そこにビジネスという現実を突きつけられてしまうのだから。
理屈では分かっているんだけれどね。馬主さんだって慈善事業として馬主をやっているわけではないことくらい。

もう決まってしまったことだから仕方ないけれど、引退するまでの残りのレースも怪我をせずに、無事に走りきって欲しいと思います。

次は天皇賞に出走するとか言っていたようだけれど、それは無謀なのではないかと素人の私は思います。これも決定するのは馬主さんなのでしょうが。

ラストランは有馬記念ハーツクライと対戦させる?・・・私はディープは東京競馬場の方が向いていると思うので、ジャパンカップがいいと思うんだけれど。(だから素人の戯言ですってば。)
有馬記念に出走するなら中山競馬場まで応援しに行っちゃうかも・・・

あ~また無駄に長く語ってしまった・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。