ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい世界へ
2008年04月07日 (月) | 編集 |
とても久しぶりにブログを書いております。
あまりに久しぶりすぎて、エントリーの仕方を忘れていました。
ブログSTOPしている間も変わらず(いや、前以上に!?)もろもろの舞台を観て歩いています。たぶん月に3~4本くらいは観ている計算になるかも。姜くんや高根さんやライフの舞台はかなりリピートしちゃいましたし。おかげで私のお財布の中は寂しい限りです。

ファンの方たちのブログ巡りをしていて知ったのですが、ライフの会報が届き始めているそうです。他人事のように書いているのは、何を隠そう私のところにはまだ届いていないから。姜くんの分も高根さんの分も。2通とも来ないと配達ミスかな?なんていう可能性を考えてしまうけれど、あと1週間待って届かなければ確認しようと思います。

その会報に寂しいニュースが載っていたとか。佐野さんの休団と寺岡さんの退団と・・・。
寺岡さんの退団はショックだなぁ。何年か前のファンクラブイベント「エキスポ」の時、ツアーガイドを担当してくれたのが寺岡さんでした。とっても実直そうな人に感じられて、とても好印象でした。舞台でもそのまま、って言う感じでしたけど。
「カリフォルニア物語」を観に行ったとき、受付のところで藤原さんに話しかけている姿をお見かけしたのですが。本当につい最近のことですよね。
そして先日、青木くんのブログと姜くんの日記にJr.5のメンバーで同期会をやったというエピソードが書かれていて、“仲間っていいなぁ”って微笑ましく見ていたのだけれど、あれって送別会だったのか・・・なんて思ってしまって。妙に切なくなりました。
会報にはあまり詳しいことが書いていないらしいので、寺岡さんの新しい世界での活躍を祈るしかできないんだなって寂しく思っていたのです。

前置きが長くなりました。
実は、今日ちょっとした出来事がありまして・・・そこで知ったお話は、私の心の中だけで収めておいてもいいけれど、他のライフのファンの方たちに知ってもらってもいいのかも・・・と思い、久しぶりにブログを書いているというわけなのです。

今日、私は「ガマ王子vsザリガニ魔人」東京公演の前楽を観に行ってきたのですが、開演前にパルコの1階でエレベーターを待っていると、そこに現れたのは見覚えのある素敵な男性が!9階の劇場まで向かうエレベーターの中で、私は隣に立っている男性に勇気を振り絞って声をかけました。「あのー寺岡さんですか?」。「・・・」(怪訝な顔)。エレベータのドアが開き劇場に到着したので「いきなりお声をかけてスミマセンでした」と非礼をお詫びすると、「あのーどこかでお会いしたでしょうか?」と聞かれてしまい、慌てて「私、ライフのファンで、寺岡さんが退団されたと知ってビックリしていたんです」と説明しました。寺岡さんは私がライフのファンだということを知って納得していただけたのか笑顔でお話してくださいました。

・会報という性質上仕方が無いのだけれど、退団が事務的な報告になってしまって本当に申し訳ないと思っている。
・決して喧嘩して劇団を飛び出したとかいうわけではなく、円満に話し合い、お互い納得した上での結果だということ。だからこそ、会報での一方的な退団報告という形は本当に心苦しい。
・すでに新しい事務所に所属していて、これからはテレビでのお仕事も入ってくる予定です。


というようなことをおっしゃっていました。
と、まぁこんな感じで時間にして1~2分くらいのことだったと思いますが、こんな失礼な私に対してとても丁寧にお話していただいて、嬉しく思うと同時に、これからの寺岡さんの活躍を応援しなければ!と心に誓いました。


私がブログ巡りをしていたら、かなりのファンの方たちが寺岡さんの今後についてとても心配していらっしゃったようですし、たぶんこういったお話は表に出てくることは無いんじゃないのかなと思ったこともあって、ここのブログを読んでくれる人は少ないだろうけれど、もし、たまたま目にした人がこれからの寺岡さんの活躍を一緒に祈ってくれたら嬉しいなぁと思って書くことにしたのでした。

それではまたいつの日か。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。