ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供たちの安全
2007年02月20日 (火) | 編集 |
昨日からくしゃみ・鼻水・鼻づまりがひどくて、土曜日の温泉リゾート三昧で風邪ひいちゃったかな?と思ったんだけれど、もしかしたら花粉症かもしれないです。去年はそれほど悩まされた記憶が無いんだけれど、今年は症状が出始めるのが早いし、症状自体も近年まれに見るくらいのひどさです。特に朝起きてからの1~2時間がひどくて、くしゃみばかりしている気がします。
今週末は『DAISY~』を観劇予定なのだけれど、途中でくしゃみが出ちゃったらどうしよう・・・顰蹙を買わないようにお薬を飲んでおかないといけないですね。

話はいきなり変わりますが、今朝、ゆうまの登校班の引率をしてきました。
ゆうまの通う小学校では、地区ごとに登校班を編成していて、登校時には各班に1人ずつの保護者が黄色い“交通安全”の旗を持ち、引率して小学校の校門まで送り届けるのです。引率する保護者は当番制になっていて、1年間に一週間交代の当番が2回まわってくる程度です。
子供たちが巻き込まれる事件・事故が多発しているご時勢なので自衛の手段を講じているわけです。
自衛の手段なのですが・・・
私の場合、はやぼんと手をつなぎながら引率をしている状態なので、もし、万が一その場に暴漢が現れたりしたら・・・
私は登校班の子供たちを守ってあげることは出来るのだろうか?
久しぶりに当番をやってみて、そんなことを考えてしまったのでした。
はやぼんはお兄ちゃんたちと一緒に小学校に行くことが出来て単純に喜んでいたんですけれどね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。