ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新
2007年02月15日 (木) | 編集 |
2日くらい前にNOBBYの公式サイトを見たら、掲載情報が久しぶりに更新されていました。
1つは『KING』という雑誌。今までに聞いたことの無い雑誌名だったので、ちょっと調べてみたらやっぱり男性誌でした。“KING”っていうくらいですから当たり前と言えば当たり前ですね。
昨日のお昼と夕方に、3ヶ所のコンビニで探してみたのだけれど見つからず、今日は素直に本屋さんへ行ったらあっさり見つかりました。
NOBBYはこの雑誌の中の『王様の本屋』というコーナー(1/2ページ)でお気に入りの本を紹介していました。本の紹介と言えば、少し前の『ダ・ヴィンチ』に同じような記事がありましたが、今回NOBBYが紹介しているのは
岡本太郎さんの『自分の中に毒を持て』
唐沢寿明さんの『ふたり』
野島伸司さんの『未成年』

の3冊でした。

若い頃に読んだ本を少し時間を置いてから読み返してみると、印象が変わっていたり、その時に自分がどんなことを考えながら読み、どんな風に感じたのかを振り返ることが出来て面白いですね。それが成長の証ということにもなるのでしょうけれど。
何年もの時を経ても人に薦めることが出来る本・・・私にとってはなんだろう?
近いうちにNOBBYのお薦めの本を読んでみたいと思います。

他の掲載誌は、2/23配布の『シティリビング』。今日になって追加で発表されたのが2/23発売の『JUNON』、2/27発売の『Top Stage』でした。

『シティリビング』は、前の職場では毎週配られていたけれど、今の職場ではどうなのでしょうか。23日になったら聞いてみなくちゃ。忘れないようにメモメモ・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。