ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外と面白かった
2007年02月15日 (木) | 編集 |
本日も高根さんからの会報は届いていません。
他の高根さんを担当様にしていらっしゃるかたのブログを読んで回ったところ、皆さん同じように届いていないらしいです。私だけ郵便事故で届かない、というわけではないようなのでちょっと安心しました。もしかしてお手紙の原稿が間に合わなかったとかなんでしょうかねぇ?先日あった主宰の客演舞台の劇団員総見日も高根さんはご欠席だったようだし、もしかして何処かへ旅に出ていたりして・・・? まぁそのうち届くでしょうから、大人しく待っていようと思います。あ、でも、『ロミオとジュリエット』の最優先の締め切り前までにはお願いしたいです~

さて、今日はWOWOW宝塚の『ロミオとジュリエット‘99』の放映がありました。
19:00スタートだったので、子供たちと夕食を食べながらだったり、お片づけしながらだったり、お風呂に入りながらだったりで、見ることだけに集中するというわけにはいかなかったのだけれど、そんなチラ見でありながらも、衣装の素敵さ、見目麗しさに目を奪われそうになりました。
独特の発声法がやっぱり苦手だなぁと思ったりもしますが、とにかく美しさで補って余りあるという感じなんです。スタジオライフが“男性版宝塚”って紹介されることがあるけれど、今日見て、「全然違う!」って実感できました。なんかハマリそうな予感・・・。ま、当面はテレビのみでの観劇にしておきます。
ストーリーは私の記憶にあるものとほぼ同じだったので安心しました。あとは倉田さんがどこに焦点を当てた演出をしてくるかですよね。今度はそんなことを想像しながら原作を読んでみようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。