ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想とは名ばかりの・・・
2007年01月31日 (水) | 編集 |
昨日書けなかった『ROCK'N JUM MUSICAL Ⅱ』の感想です。
あ、感想とは名ばかりで、文句ばっかりのような気がしないでもない。

はっきり言ってあんまり良いこと書いていないので、一応 〔続きを読む〕 以下に隠しておきます。





今回は金欠病発症中につきA席(2階席)での観劇となりました。それが良かったのか悪かったのか・・・。
初演のときの感想をいくつか読んでいたため、あまり期待せずに行ったのですが、それでも1幕目は辛かったです。
2幕目になるとそれなりにテンポも良くて、ガラガラの2階席(30人くらいしかいなかった)でも、それなりにみんなノッていたと思います。私以外は。

あらー1階席のみんな立っちゃった(立たされた?)よー・・・。
フリを覚えちゃってるんだー。すごいなー・・・。


などと、とても冷静に眺めていました。たぶん私の周りだけ温度が2~3度低かったかも。

そんな私もようやく自然に手拍子ができるようになったのだけれど、それがラストの1曲でした。
なんとか最後まで観続けることができてホッとしました。寺田さんの歌に助けられたという感じです。

劇場はライブ向きじゃないかもしれないですね。スローな曲のときはよかったけれど、ボリューム全開でガンガンの曲になるとバックバンドの音がものすごく反響してしまって、歌がかき消されてしまうことがしばしば。歌詞がセリフの代わりにストーリーを語ってくれているはずなのに、その歌詞が聞き取れないのは不味いんじゃないかしら?
歌い手の声量の問題なのか、2階席だったせいなのか、それとも私が大音量が苦手なだけなのか。

開演前にパンフレットを買おうと思って物販を探したら無い!あるのは出演者関係のグッズばっかり!仕方なくエレベーターのほうに回ったらそちらに今回の公演関係のグッズの物販コーナーがあって、無事にパンフを買うことができました。
パンフは・・・稽古場写真は楽しそうな雰囲気が伝わってくるけれど、出演者紹介のページの笠原さんと及川さんの写真が!!
CUBEの公式サイトにあるプロフィール用の写真をそのまま転載しているだけでした。だから、笠原さんの写真は特に画像の粗さが目立っていて悲しくなりました。
それにしても・・・配役がどこにも書いていないんですけれど・・・ライフみたいにキャスト表みたいなのがあるのかな?と思って探してみてもないし。う~ん・・・。

キャストが分らないので私は笠原さんと及川さんのことだけ書き残します。
及川さん
ネグリジェにサンダルの姿、黒&白のゴスロリファッション、それからよく分らないけれどヴィジュアル系ロックバンド風の衣装・・・全て見事な着こなしで、特に話題のゴスロリファッションはオペラグラスでじっくり観賞させていただきました。及川さん、出演者の中で一番華奢だったかも。それでいて誰かを抱き上げて“男らしさ”もアピールしていました。

笠原さん
どこまでがちゃんとしたセリフでどこからがアドリブなんだろう?たぶんアドリブなんだろうけれど、あまりにも自然な感じなので逆に気になりました。(サイン入りの台本もグッズとして売っていたけれど、そこまで思い入れはないので買いませんでした。)笠原さんは「マルヤマモモジロウです。 “マルモモ”って呼ばれたいんですぅ」と言ってたと思うんですけれど、他の日には違う名前を名乗っていたようですね。及川さんに比べてしまうと笠原さんの衣装はちょっと寂しいし微妙かな・・・。途中でいくつかの人格が入れ替わるシーンがあったんだけれど、その人格の演じ分けは面白かったです。歌も踊りもそれなりにこなしていたと思うんですけど。

及川さんのブログに一昨日“あわやのシーン”があったことが報告されていたけれど、笠原さんは『昨日転んで、体ボロボロなんだよ~』と言ってみたり、そのシーンのところでは及川さんに「怖いけど、僕を信用して、おいで~~~っ!」と両手を広げて待ち構えたり、そしてジャンプして飛び付いてきた及川さんを見事にキャッチした後はクルクルとスピンターンをしながら「今日は成功した~!」と喜びながら舞台袖に消えて行ったりと、前日の失敗をアドリブに利用していました。それから及川さんとの絡みのシーンでたまたま及川さんがセリフをちょっと噛んでしまったら、すかさず「あっ、噛んだ!?」って突っ込む笠原さんはさすがだなぁ(何が?(笑))と思いました。

他の方々はゴメンナサイ。あまり印象に残らなかったかも。
別に“演技が下手”という人もいないし、歌だってみんなそれなりに聞かせられる人たちだったけれど、なんか消化不良な感じなのよね~。
もし、再々演があったら?・・・う~~~ん・・・メンバーを見て、有り余るお金と時間があったら行くかもね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。