ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の「Studio Life World」
2007年01月08日 (月) | 編集 |
番組を見る前に京都チャンネルのサイトで確認してみたら、“笠原浩夫&姜暢雄が大阪名物くいだおれでたこやき作りに挑戦!うまく作れたのはどっち?様々な暴露トークも!また劇団メンバーが休日にプリクラで楽しむ様子も紹介!”ってあったから、やっぱり収録済み映像の残り物特集か・・・とガックリ。
実際に放送分を見てみたら、NOBBY(姜暢雄くん)ファンとしてはまぁまぁ嬉しいんだけれど、スタジオライフファンとしてはちょっとご立腹気分なんですけれど~。
これってまだあと1回分は残り物の映像があるはずですよね。少なくともボーリング&ビリヤードの回があるはず!それが3月の放送分だとすると、私たちは1年前の映像を有難く見させて頂かなくてはいけないわけですよね。それでいて3月の番組改編期で番組終了とかは無いですよね?番組が始まってもうすぐ1年。みんながみんな満足する番組作りというのは難しいのだろうけれど、今の番組で満足できている人ってそんなに多くは無いんじゃないかしら?

先に不満ばかりを書いてしまいましたが、一応番組内容を紹介しておきたいと思います。
また長くなってしまいますので、〔続きを読む〕からどうぞ。





いつものように番組のダイジェストが5分!!(だからもう要らないんじゃないの?)

最初のコーナーは、笠原さんとNOBBYの2人による『大阪満喫』のコーナーで、食いだおれのお店の中にあるお座敷(個室)にて「大阪膳(たこやき教室付き)」3,150円を堪能しました。
大阪豆知識として、お店の女将が“食いだおれ”の本当の意味を紹介してくれたのですが、“一生懸命働いて得たお金を食べ物に使って身上をつぶす(たおれる)”というところからできた言葉で、ちなみに京都は着る物にお金を使うので“着だおれ”といわれるそうです。
そんな薀蓄を学びつつ美味しいものを食べる姿は、さながらグルメ番組のようでした。
グルメ番組と言えば・・・という話の流れから、笠原さんの関テレ秘蔵VTRを振り返ってみたり、NOBBYが苦手で食べられないナスに「男前なノブを見たい」と笠原さんにそそのかされて挑戦するも、ナスの天麩羅のにおいをかいだだけで挫折してしまうNOBBY。「あかん!先輩!助けてくださいよ~!」と笠原さんに甘えるNOBBYが可愛かったです。

お食事のあとは、女将じきじきの指導の下、たこやき作りに挑戦する二人。たこやきの生地を流し入れて焼き始めたと思ったら、いきなり音楽が流れ出して「たこやき音頭」を踊り始めた3人。ノリノリで踊る姿がなんとも言えず微笑ましかったのですが、その間3分50秒!?ちょっと長かったかも・・・。
(でも、焼き固まるまでの間、お客さんが生地をいじりすぎないようにと踊ってもらうそうです。)
クルンとひっくり返す手つきが怪しいNOBBY・・・「生粋の関西人ですから!」と言って自信満々だったのに、出来上がりの形はどう見ても笠原さんの方が美味しそうで、女将に色々突っ込まれたりして、まるで漫才を見ているようでした。
女将からそれぞれに修了証書を読み上げてもらって受け取りました。(修了証書の日付は3月16日でしたね・・・)NOBBYのたこやきはお世辞にも・・・だったけれど、ちゃんと「優秀な成績でたこやき教室を修了したことを証明します」って書いてあって、NOBBYったら「以下同文って言われたらどうしようかと思ってました~」「ちゃんと、“イカ”じゃなくて“タコ”ですね?って返そうかと思っていました~」ですって。笠原さんは「上手いねぇ!?」と感心しきりでした。

続いてのコーナーは『ライフの休日―プリクラ編』でした。
参加メンバーは松本くん、三上くん、NOBBY、曽世さん、林さん、石飛さんの6人で、名前のほかにライフでのポジション(?)を自己紹介したのだけれど・・・
松本くん:「子供役などをやらせてもらっています。」(春の時点ではそうですよね。このあと大きな役が続きました)
石飛さん:しばし考えて、「汚れキャラです。」。そのあと曽世さんに「“汚れ”でまとめていいの?」と突っ込まれ、「ダメダメ!!美しいキャラで通ってます」と言い直していました。
NOBBY:「ライフのポジションとしては賑やかし担当なので、どんどん盛り上がって行きたいなと思います!」とかなりテンション高く張り切っていました。
三上くん:「女性役をよくやらせていただいています。」と普通に答えているのに、みんなから「可愛いなーっ!!」「腹立つわ、もう!!」と声をそろえて野次が飛んでいました。
林さん:「こういう可愛い子達を引き立てております」と謙虚に答えていましたが、大丈夫!林さんにはずば抜けて光る演技力がありますから!
曽世さん:「劇団一寡黙な男でございます」・・・・・・・誰も突っ込まず、放置されて、「え~っ!?」とちょっぴり可愛そうな曽世さんでした。

そして6人全員で数パターンのプリクラを撮るのだけれど、ポーズのとり方とか表情とか、みんな素敵だったり、可笑しかったり、さすが役者さん!っていう感じでした。
でも、もっとすごかったのが松本くんと三上くんのタッチペン捌きでした。撮影した写真に色々落書きを加えていくのだけれど、それがとても手馴れているの!曽世さんや石飛さんも驚いていました。
あの出来上がったプリクラはどうしたんでしょうね?視聴者プレゼントとかにするのかな?なんて期待したのだけれど、それも無く、ちょっと寂しかったなぁ・・・

最後に『DAISY~』の宣伝がありました。登場したのは石飛さんと曽世さんのお二人。千住のどこかで収録した感じなのか、曽世さんはサイモンのヘアスタイルのままでの登場でした。この二人での宣伝は、もちろん台本アリなのでしょうが、マシンガントークのようで、思わず聞き惚れました。(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとう
ちえぞうさん、
「Life Style」のレポ、ありがとうございます。
私は契約してないのでリアルタイムでは見れないんですよ。いつも友達に送ってもらってるんですね。だから、うれしいです。
そうですか、結局、春に撮ったのを1年かかって放送してるんですね。笠原さんと姜くんの「大阪満喫」やっと、たこ焼き踊りを放送してくれるんですね。「賑やかしぃ」の姜くんを、早く堪能したいな~ 

あ・・金杯とか、正月競馬はどうやったんですかねぇ (笑)
2007/01/09(Tue) 01:02 | URL  | まっちゃん #CKyOUH4I[ 編集]
あ、そうか!
まっちゃん、今晩は。コメントありがとうございます。
姜くんが言っていたのは、正しくは『賑やかしぃ』なのですねぇ・・・なんとなくニュアンスは分かっているつもりだったんですけれど、『賑やか師』???なんて頭の中で変換していました(笑)  これで納得です。

正月競馬には、私はチャレンジしなかったのだけれど、パパが京都金杯の馬連(70倍)を見事GETし、「こいつは春から縁起が良いや!」と喜んでいました。
その臨時収入でディズニーランドに行けたようなものなんですよ~。
2007/01/10(Wed) 00:29 | URL  | ちえぞう #R0LEvWM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。