ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『論語』に思う
2007年01月06日 (土) | 編集 |
子曰、吾十有五而志乎學、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而從心所欲、不踰矩、
  先生いわく、
  私は十五歳で学問を志し、
  三十歳では独立した。
  四十歳になったときには迷うことがなくなり、
  五十歳で天命をわきまえ、
  六十で人の言葉に素直に耳を傾けることができるようになり、
  七十歳では自分の思いのまま行動しても模範から外れなくなった。


高校時代、大嫌いだった漢文の授業で唯一覚えている論語の一節です。

なぜ、突然にこんなことを書きだしたかというと、今日は私にとって節目の日だからなのですねぇ・・・。
はい。本日が誕生日です。私、不惑の年となりました。2度目の成人式ですねぇ・・・。
どうしましょう?(って言われても困っちゃいますよね)
まだまだ色んなことに迷ってばかりなんですけれど。

自分が子供の頃って、30歳っていったらものすごく大人で、40歳になったら悟りを開いているんじゃないだろうか、っていうくらいのイメージを持っていたんだけれど、いざ、自分がその年齢になってみると、ぜーんぜんっ!!
たぶん、精神年齢だけでいったらまだ十代くらいのまま止まっているんじゃないかしら。
子供たちに追い越されないようにしないとけないよなぁ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。