ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「紫式部ものがたり」12/23 マチネ・ソワレ
2006年12月25日 (月) | 編集 |
NOBBY(姜暢雄くん)が出演中の『紫式部ものがたり』をマチ・ソワしてきました。
楽しかった~。「よーし、頑張るぞ!」っていう前向きな気持ちのシーンで終わるお芝居は、年の瀬のこの時期に見るお芝居としては良かったなぁと思います。
それぞれ役者さんたちがマチネとソワレでアドリブのセリフを変えてみたりして、演じることを楽しんでいる雰囲気がとてもよく伝わってきたし、前回見たときには違和感を覚えてしまった光源氏と夕顔の劇中劇も、ストーリーが分かるとそれほど気になりませんでした。
疲れが出てきていらっしゃるのか、セリフが飛んだり、噛んでしまったりする人が多かったのはご愛嬌でしょうか。NOBBYは全然問題なかったですよ(ファンの贔屓目ではなく)。ただ、声が少しかすれ気味だったような気がします。

長くなりますので 〔続きを読む〕 にしまいます。
それにしてもやっぱり最初にNOBBYが登場するまでの時間が長かったです。 1時間10分後でした。しっかりチェックしちゃいましたよ・・・。 登場した時のNOBBYは・・・メイク(とくにアイシャドウ)が前回より濃くなっている気がしました。まぶたの上がかなり青かったような・・・。前回はそんなこと思わなかったんですけれどね。

マチネは7列目センターブロック、ソワレは2列目センターブロックでの観劇だったのですが、ソワレの2列目の席はさすがに舞台が近かったですね。近すぎちゃってNOBBYが登場するシーンでは他の人の影になってしまって、ちょっと見にくかったところがあったのが残念でした。
マチネのほうはキューブで取ったチケット。ということで周りも同じようなNOBBY目当ての方たちだったようで、みんな同じタイミングでオペラグラスを構えたり下ろしたりしていたのが微笑ましかったです。もちろん私も一緒にオペラグラスでガン見していましたよ~。
それと、これはソワレのときに思ったのですが、大地さんて、前の席で見た方がイキイキとして見えました。体が小さいからかもしれないけれど、大きい劇場で遠くから見るより、テレビで見る方が向いているのかもしれません。あくまでも私個人の感想です。

では、マチネ・ソワレそれぞれ気付いたことをポツポツと。

植本さんの声が裏声なのによく通る声だなぁと改めて思いました。最初に登場してきて紫式部との掛け合いのとき、マチネでは「こんな日は隣の日比谷公園に行きたいなー」とか言ってたけど、確かに日生劇場の隣は日比谷公園なんだけど、この芝居の舞台は京の都のはずでは?と心の中で突っ込ませていただきました。そしてソワレでは植本さんが「藤原紀香に似ているって言われています」というようなことを言い出したり、それにあわせて大地さんもアドリブでいっぱい返したり、素で笑ってしまったりなものだから収拾が付かなくなって、しまいには左近が「台本がまだ1ページも進んでいないんですよ!」と、なんとか軌道修正していました。

紫式部が道長さまに「歌や文を贈ってくれる男性はいたけれど、その内容が下手で下手で・・・直して返してあげたらそれっきり!」というエピソードを語る場面があったのだけれど、ここが個人的にツボでした。まるで私の父みたいで。
母が婚約中に父宛に手紙を書いて送ったところ、真っ赤に添削されて帰ってきたという話を聞かされたことがあったもので。それでもそんな二人は結婚したわけですが。

清明さまの最初の登場場面で、清明さまが紫式部に「おやすみなさい、美しいお方・・・ チュッ」とキスしようとすると、「はい???」と流されてしまい、マチネでの清明さまは「『はい~?』って・・・清明傷ついたっ!」と拗ねながら、ソワレでは「とぼけちゃって・・・いとおかし!」ってなぜか少し恥ずかしそうにしながら、でも美しいマント捌きをしっかり披露してお帰りになられました。

藤原伊周の霊との対決場面で、清明さまが呪文(?)を唱えて最後に「ハァーッ!!」(さすがの迫力!)と術をかけると、伊周はなんとウサギさんに姿を変えられ奈落に消えていくのだけれど、それを見届ける清明さまが微笑みながらうなずいて見送っていて、きっと清明さまも伊周のことを哀れんでいたのではないかなぁなんて思いました。
そしてラスト前のシーンでは、中宮に献上された源氏物語一揃えを清明さまの術で燃やしてしまいます。その燃やす前に「凄まじきものは宮仕えということだ・・・弱いものいじめか・・・?お許しを。」とすまなそうに言うのだけれど、きっと清明さまも紫式部のことを憎からず思っていたのではないかしら。
こんな風に、清明さまはポイントポイントでストーリーに絡んでもいるのだけれど、過去に道長さまがやってきたことや、今、やろうとしていることも全てを見てきているからこそのセリフが要所要所にあって、前回の観劇では“ストーリーテラー的な役割をしていたかな?”って思ったのが、回数を重ねてみると“なるほど”と思えるようになりました。


以上、私個人の感想なので、見当違いなことを書いているかもしれませんが悪しからず。

最後にカーテンコールでのNOBBYの様子ですが、
マチネ
奥の階段から降りて前に出てくるとき、途中で投げキッス。今回もまた升さんが出てくるときに何故か大ウケしていしのようこさんと顔を見合わせて大笑いしていました。そのあともいしのさんと何か話してはケラケラ笑っていて、とっても楽しそうでした。
緞帳が降りてくるときに、他の役者さんたちはかしこまって立っているのに、NOBBYだけは客席に向かって手を振ってくれていました。見ている私は嬉しいけれど、“いいの?大丈夫?”ってちょっとだけ不安になりました。

ソワレ
奥の階段から降りてきて途中で投げキッス。そのあと自分の位置に付くと先に控えていたほかの出演者のかたに投げキッスを真似され、「違うよ!こうだよ!」っていうみたいにもう一度やって見せていました。
緞帳が降りてくるとき、マチネのようなお手振りはなかったけれど、そのかわりもう一度投げキッスをしてくれました。

ソワレ観劇後、有楽町の駅に向かおうとするとお隣の宝塚劇場の前に人だかりが!どうやら宝塚のかたの出待ちに遭遇してしまったようです。両脇に人がきちんと並んで、真ん中に通路ができているの!まるでディズニーランドのパレードみたい!駅への道はそこが近道なのだけれど、もちろんそこを通り抜ける勇気は私には無く、1本違う道から帰りました。貴重なものを見せていただきました。


20061225234745.jpg
帝国ホテル前のイルミネーション
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。