ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初日舞台挨拶!?
2006年12月10日 (日) | 編集 |
何故か私も行ってしまいました!
映画『NANA2』の初日舞台挨拶です!
映画を見に行く予定さえなかったのに、たまたま目にした『チケットを譲ります』という言葉に吸い寄せられてしまいました。これぞNOBBY(姜暢雄くん)の魔力です!
おかげで、このブログと相互リンクさせていただいているまっちゃんふかみさん達とお会いすることもできて感激の1日でした。

映画と舞台挨拶の様子をまとめてみました。もちろん視点はNOBBY中心になっています。


予定の9時になり場内が暗くなって予告編が始まったーと思ったら途中でプツッと切れて、場内が再び明るくなりました。すると係りの人が出てきて「すみません!テープが絡まりました!お待ちください!」ですって。
待つことしばし。「15分から本編を上映します!」ということで映画の予告編などはほとんどカットされてしまいました。
ようやく本編・・・始まったばかりだから詳しい内容は書きません。
私は2回泣いてしまいました。この映画で泣くわけないと高をくくっていたんですけど。
ちなみに2回とも美嘉ちゃんが涙をこぼすシーン。もらい泣き・・・なのかな。
1回目はハチが自分から離れていってしまうことを悲しんでヤスに訴えるシーン。
2回目はハチと別れることになったノブを慰めようとして自分の方が泣いてしまうというシーン。
この年になると涙腺がゆるくなってしまうのでしょうかねぇ・・・
そして問題のNOBBYのシーンなんだけれど、それほど登場するシーンは多くなくって、たぶん撮影はしたもののカットになってしまったシーンがかなりあるんじゃないかと思いました。
NOBBY自身が「特に見てほしい」と言っていた“レンの家でナナを抱きしめる”というシーンは、撮影のときになかなかタイミングを計るのに苦労して何度も撮り直したそうなのに、そのしーんもカット・・・。DVD化されるときにはそういうシーンも入れて欲しいなぁと思います。私、レンタルじゃなくって買っちゃうもん!

それにしても私の隣に座っていた二人組のおネエちゃん達!「紫式部ものがたり」とか「銀のキス」とかイベントの話をしていたからたぶんライフのファンの人たちなのだろうけれど、NOBBYが出てくるたびにプッって吹き出したり、クスって笑ったりしていて、なんか「何しに来たの?冷やかしのつもり?」って思わず言ってやりたくなりました。小心者なので、面と向かっては言えませんけど・・・
映画が終わっていよいよ舞台挨拶です。NOBBYは大谷監督の次に登場しました。
今日の衣装は白地で胸にタックの入ったスタンドカラーのシャツに黒の長めのジャケット、左胸に白っぽく光るブローチみたいなものをつけていました。パンツは確認するのを忘れました。足元はたぶん黒と白のスニーカーに見えました。
オペラグラスを持ちながらメモを取っていた(おバカ)ので、あまり服装チェックができなかった~。
NOBBYは「たくさんの人に見ていただきたいと思います。ぜひ宣伝してください。」と言葉少なにご挨拶。スコットランドロケはどうでしたか?という質問に「今日ぐらい寒かったです。」その後NOBBYが話を続けようとしたときに司会のかたとかぶってしまって、思わず「えっ!?」と大きな声で聞き返してしまうNOBBY・・・会場の笑いを誘っていました。
後他の人のコメントは忘れました。でも、本郷くんの見た目もしゃべり方もとても可愛らしくて、ほのぼのしちゃいました。

最後にマスコミ向けの写真撮影がありました。準備のためにいったん出演者は舞台裏に引っ込んで、入れ替わりにカメラマンたち(ものすごい数)がセッティングした後手に花束を持った出演者が再び登場。出演者それぞれ違う色の花束だったのですが、NOBBYは青い色の花束でした。客席をバックにして写真を撮るのだけれど、客席の方を向いてカメラマンに背を向けてしまった人が若干1名!・・・NOBBYでした。 本当に最後の最後まで微笑ましくって。

すべて終わって映画館を出たのが12時10分過ぎ。舞台挨拶に行くことを決めたときに『銀のキス』のマチネに行くことは諦めていたので、そのまま帰宅しました。外はとても寒かったけれど、心は温か。貴重な体験をさせていただきました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。