ちえぞうの日常を気まぐれに綴る日記。 おもに大好きなスタジオライフのことを暑苦しく語っています。 担当は姜暢雄くん(NOBBY)&高根研一さん。 たま~にプライベートな話題も・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい世界へ
2008年04月07日 (月) | 編集 |
とても久しぶりにブログを書いております。
あまりに久しぶりすぎて、エントリーの仕方を忘れていました。
ブログSTOPしている間も変わらず(いや、前以上に!?)もろもろの舞台を観て歩いています。たぶん月に3~4本くらいは観ている計算になるかも。姜くんや高根さんやライフの舞台はかなりリピートしちゃいましたし。おかげで私のお財布の中は寂しい限りです。

ファンの方たちのブログ巡りをしていて知ったのですが、ライフの会報が届き始めているそうです。他人事のように書いているのは、何を隠そう私のところにはまだ届いていないから。姜くんの分も高根さんの分も。2通とも来ないと配達ミスかな?なんていう可能性を考えてしまうけれど、あと1週間待って届かなければ確認しようと思います。

その会報に寂しいニュースが載っていたとか。佐野さんの休団と寺岡さんの退団と・・・。
寺岡さんの退団はショックだなぁ。何年か前のファンクラブイベント「エキスポ」の時、ツアーガイドを担当してくれたのが寺岡さんでした。とっても実直そうな人に感じられて、とても好印象でした。舞台でもそのまま、って言う感じでしたけど。
「カリフォルニア物語」を観に行ったとき、受付のところで藤原さんに話しかけている姿をお見かけしたのですが。本当につい最近のことですよね。
そして先日、青木くんのブログと姜くんの日記にJr.5のメンバーで同期会をやったというエピソードが書かれていて、“仲間っていいなぁ”って微笑ましく見ていたのだけれど、あれって送別会だったのか・・・なんて思ってしまって。妙に切なくなりました。
会報にはあまり詳しいことが書いていないらしいので、寺岡さんの新しい世界での活躍を祈るしかできないんだなって寂しく思っていたのです。

前置きが長くなりました。
実は、今日ちょっとした出来事がありまして・・・そこで知ったお話は、私の心の中だけで収めておいてもいいけれど、他のライフのファンの方たちに知ってもらってもいいのかも・・・と思い、久しぶりにブログを書いているというわけなのです。

今日、私は「ガマ王子vsザリガニ魔人」東京公演の前楽を観に行ってきたのですが、開演前にパルコの1階でエレベーターを待っていると、そこに現れたのは見覚えのある素敵な男性が!9階の劇場まで向かうエレベーターの中で、私は隣に立っている男性に勇気を振り絞って声をかけました。「あのー寺岡さんですか?」。「・・・」(怪訝な顔)。エレベータのドアが開き劇場に到着したので「いきなりお声をかけてスミマセンでした」と非礼をお詫びすると、「あのーどこかでお会いしたでしょうか?」と聞かれてしまい、慌てて「私、ライフのファンで、寺岡さんが退団されたと知ってビックリしていたんです」と説明しました。寺岡さんは私がライフのファンだということを知って納得していただけたのか笑顔でお話してくださいました。

・会報という性質上仕方が無いのだけれど、退団が事務的な報告になってしまって本当に申し訳ないと思っている。
・決して喧嘩して劇団を飛び出したとかいうわけではなく、円満に話し合い、お互い納得した上での結果だということ。だからこそ、会報での一方的な退団報告という形は本当に心苦しい。
・すでに新しい事務所に所属していて、これからはテレビでのお仕事も入ってくる予定です。


というようなことをおっしゃっていました。
と、まぁこんな感じで時間にして1~2分くらいのことだったと思いますが、こんな失礼な私に対してとても丁寧にお話していただいて、嬉しく思うと同時に、これからの寺岡さんの活躍を応援しなければ!と心に誓いました。


私がブログ巡りをしていたら、かなりのファンの方たちが寺岡さんの今後についてとても心配していらっしゃったようですし、たぶんこういったお話は表に出てくることは無いんじゃないのかなと思ったこともあって、ここのブログを読んでくれる人は少ないだろうけれど、もし、たまたま目にした人がこれからの寺岡さんの活躍を一緒に祈ってくれたら嬉しいなぁと思って書くことにしたのでした。

それではまたいつの日か。
スポンサーサイト
滞りがちですが・・・
2007年05月16日 (水) | 編集 |
なんとか生きています。
なかなかネットをする時間もなかったので話題について行けない感じなのが悲しいです。

『孤児のミューズたち』
FC最優先の申し込みの締め切りが迫っていることに気付いて、慌てて投函しました。
基本的に土日しか出かけられないだろうから土曜日にマチソワしようかなぁ~と思ったのだけれど、よく考えるとこの公演期間の土曜日って2週連続で花火大会(隅田川&江戸川)があるから、電車が混みそうだし、我が家でも花火を見に行くことになるかもしれないなぁなんて考えてしまって、結局日曜日のチケットを申し込むことにしました。
劇場が小さいから、競争率が激しそうだけれど、なんとか当たりますように・・・。

いよいよ『ロミジュリ』
今週の日曜日、いよいよ『ロミジュリ』の観劇です。高根さんのティボルトが楽しみでなりません。
他のかたの観劇感想を少し見て回ったら、今回も客席通路でのお芝居があるようですね。
うーん・・・。私、すごく前方の席なのだけれど、もしかして舞台よりも後ろの方を振り返ってお芝居を観ることになってしまうのでしょうか???
それから、先日のSチームのトークの様子も知ることができました。なんか高根さんがとっても饒舌だったとか!? 
いいなぁ・・・私もそんな高根さんの姿を見てみたかったです。
それにしても、「高根」をキーワードにしてブログ検索をしただけで、かなりの件数ヒットしたのですが、それほど皆さん饒舌な高根さんに衝撃を受けたのでしょうかねぇ?(笑)

NOBBYはどこへ?
公式サイトでNOBBYの日記が更新されていました。
“お仕事で”海外に行くところだそうです。何のお仕事でしょうね?
また『ウルルン』?
そのうち発表されるだろうから、楽しみに待ちたいと思います。


色々書きなぐってしまいましたが、今日はここまで~。

Happy Birthday 高根さん!
2007年05月12日 (土) | 編集 |
高根さん お誕生日おめでとうございます。

この1年がさらに稔りある年となりますように・・・


そういえば、甲斐さんのブログの肉部番付で高根さんが故障者リスト入りしていましたが、お怪我の具合はどうなのでしょうか?
『ロミオとジュリエット』も開幕しましたが、約1ヶ月の公演期間、無事に乗り切っていただきたいと思います。

実は、今日は高根さんのお誕生日記念にマチソワ観劇をする予定だったのだけれど、ちょっと緊急事態が発生してしまって行けなくなってしまったのでした。

水曜日の夜、「さぁ寝よう!」とベッドに飛び込もうとした下の子が、直前で躓いてしまってベッドの木製の枠に鼻っ柱を強打・・・流血の惨事です。鼻筋の真ん中辺りがちょっと陥没し、皮膚がめくれ上がってしまいました。

一番近所にある救急指定の病院に連れて行ったのですが、担当医(ちなみに、鼻を怪我した場合に診てもらうのは形成外科か耳鼻科になるそうです)がいないということで、レントゲンを撮って、傷口を塞がりやすくするためのお薬を塗ってもらっただけでおしまい・・・。
レントゲンの結果は「骨が折れているようにも見えますね・・・」って!
でも、折れていてもギブスとかできる場所ではないので、そのままにしておくしかないんですって。
子供も泣き疲れて眠ってしまったのでその日はそのまま寝かせたのだけれど、翌朝、少し腫れてきているなぁと思っていたら時間が経つにつれて鼻から目にかけての辺りが腫れと内出血でものすごいことに~!
これはやっぱり大きい病院に連れて行かなければ!と思って都心の大病院(以前、入院したことがある病院)に行ったのだけれど、待ち時間が半端なものではありませんでした。
CTを撮ってもらった結果、やはり骨折していました。炎症を起こさないように抗生剤を飲みつつ、安静にして自然にくっつくのを待つしかないそうです。

結局手当らしいことは何もすることがなく、家で大人しくしているしかないので、子供も欲求不満気味です。そんな状態の子を置いて私だけ遊びに出かけるのも気が進まず・・・。パパは「行って来ていいよ~」と言ってくれるけれど、まだ他にも観劇予定があるし、今日は諦めることにしました。
ということで、私の観劇初日は20日に延期となりました。パンフレットやグッズ、高根さんのイメージフォトが残っているといいのだけれど。それだけが心配だなぁ。まだ買うかどうか決めてはいないですけれどね。


そんなわけで、『恋の骨折り損』大千秋楽のレポ・・・まだです。
ま、自己満足のためのものでもあるので、そのうちに書ければいいかな~なんて。

演劇雑誌5月号
2007年03月29日 (木) | 編集 |
27日が発売日の演劇雑誌2冊について。

LOOK at STAR
ライフの『DAISY~』はCranberryチームバージョンの紹介記事が1ページ。
写真は全部で5枚。そのうち4枚はひき気味で写されているので、どうしても一人ひとりの役者の姿が小さくなってしまうのは仕方ないですね。ほぼ全員写っている・・・と思ったら前田さんのお姿を確認できませんでした。他は・・・?
ホッケーのシーンの曽世さんが、やっぱりとても凛々しくて素敵です。
私は慣れちゃったから普通に違和感なく見てしまうのだけれど、ライフを知らないかたの目にはどのように映るのでしょうね。(笑)

『恋の骨折り損』については3ページ。
写真も大きくて、王女の姿は永久保存版ものですね。勢いでもう1冊買いそうになりました。(笑)
ただ残念なのは、王女以外の女の子たちが全くスルーされてしまっていること・・・。来月号でまた載せてくれないかなぁ。
そして今回の舞台で圧倒された大きな柳の木について書かれていたのだけれど、柳は日本では“死”を連想させるけれど、西洋では“生”や“聖”の象徴なのだそうです。(初めて知りました)
そういえば、その柳の奥に見えるのは湖の水面のきらめきだと思ってみていたのだけれど、違ったのかしら?もう一度しっかり見てこなくっちゃ!

Top Stage
『DAISY~』のレビューが1ページ掲載されています。
2人のデイジーの写真はこちらの雑誌のほうが大きく載っています。
“ゴージャスな美人”と“演技巧者”と、2人のシビルを形容しているのがちょっとだけ笑ってしまい、荒木くんのことを“前回の大役(クリストファー)の成果か一際目を引く”と書いてくれているのが「うんうん!」と頷けました。あ、でも、私としては“前回の・・・”というより『夏夢』のときから変化があったと思っているのですが。

そして『Romeo & Juliet』についてはヤングチーム(本当のチーム名は『Sighori』ですから~)のロミオとジュリエットが対談しております。
ほぼノーメークだと思われるお二人・・・。どんなロミオとジュリエットに化けてくれるのか(見せてくれるのか)楽しみだし、“ロミオとジュリエットの二人だけはなく、周りの大人たちにもそれぞれの人生がある。倉田さんが演出するなら、関係性を大事にした『Romeo~』になると思う”そうなので、どんなロミジュリの世界を見せてくれるのか期待したいと思います。

それから、STAGE GUIDEのコーナーに載っているロミジュリの宣伝用(?)写真は、舟見さんと岩さんが真正面で向き合うわけでもなく、視線を交わすわけでもないというねじれた位置関係の写真になっていて、“悲劇”のイメージに合っていると思います。こちらの写真のほうがチラシとして良かったのでは・・・?なんて思ったりもするのですが。
実は、この写真の松本くん・荒木くんバージョンのものもあって、ローソンで無料配布されている『LAWSON TICKET』であわせて見ることができますので、興味のあるかたは是非!(って、別に宣伝する必要もないですね)

Top Stageのほうには『恋の骨折り損』関係の記事は全く載っていませんでした。来月号に期待します!

オンエア予定
4月以降もいっぱいテレビで舞台を見ることができるのが嬉しい!
雑誌には載っていないけれど、公式ブログで発表になっていたのが『コリオレイナス』のNHK-BSハイビジョンでのオンエア決定。
4/21(土)っていうと、今のところ家族揃って大阪に行っている予定なのだけれど、どうなることやら・・・録画はたぶん予約できるはず。それにしても2月公演の舞台が4月に放映されるのは早いですよね。それを言ったら『ひばり』のほうがもっと早いけれど。
じゃぁ次は『恋の骨折り損』???なんてね。

『ロミジュリ』チケット
2007年03月22日 (木) | 編集 |
頭の中が『恋損』のことでいっぱいで、ちょっとライフの『ロミジュリ』から気持ちが遠ざかっていたため、FC最優先で確保した分のチケット代の支払いを忘れるところでした。

先日、ここに“全部当選していたらどうしよう”な~んてことを書いていましたが、恐れていたことが現実のものに・・・。全部当選していました。見事に。
もちろん当選していたことは素直に嬉しいし、数多く観劇できることもありがたいことなのだけれど、その前にチケット代が~!
ウン万円なんて、今の私には大金すぎて・・・。次のお給料日(月初め)を待っていると入金締め切りに間に合わないので、ヘソクリ口座からのお支払いです。

私の場合、某業界のCMの“ご利用は計画的に”じゃなくて“チケット申し込みは計画的に”と言ったところでしょうか。
とりあえず、高根さんのお誕生日の日と千秋楽のチケットが取れていたので良しとしましょう。
『恋損』でNOBBYのお誕生日観劇が叶わなかったし。
公演期間中にお目当ての役者様のお誕生日があって、その日に観劇できるチャンスなんて、めったにあることではないでしょうしね。

何はともあれ、明日は支払いに行かなければ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。